日本赤ちゃん学会にて研究成果を発表

2022年7月2日 (土)ー7月3日(日)に、自治医科大学においてハイブリッド開催される日本赤ちゃん学会第22回学術集会にて、以下の講演とポスター発表をおこないます。詳細はこちらをご覧ください。

————-
【講演】
7月2日(土)
シンポジウム② 赤ちゃんと共生
多賀 厳太郎
機能的な脳発達の視点から考える赤ちゃんと共生

【ポスター発表】
續木 大介・渡辺 はま・多賀 厳太郎
乳児期における腸内細菌叢の縦断的計測および解析

儀間 裕貴・續木 大介・保前 文高・渡辺 はま・多賀 厳太郎ら
胎児 cine MRI データを用いた体幹セグメント間の協調運動解析

新屋 裕太・儀間 裕貴・渡辺 はま・多賀 厳太郎
乳児期早期における睡眠中の体動に伴う心拍変動
————-

NEURO2022にて講演

2022年6月30日 (木)ー7月3日(日)に、沖縄コンベンションセンター等においてハイブリッド開催されるNEURO2022にて、多賀が以下のシンポジウムで講演をおこないます。

————-
1S10m
サブプレート神経活動のダイナミズムによる脳神経回路の発達機構

日時:
6月30日(木)9:00-11:00

会場:
第10会場(ラグナガーデンホテル羽衣:西)

座長:
丸山 千秋
(公益財団法人東京都医学総合研究所・脳神経回路形成プロジェクト)
Zoltán Molnár
(Department of Physiology, Anatomy & Genetics, University of Oxford)

演者:
Zoltán Molnár
(Department of Physiology, Anatomy & Genetics, University of Oxford)
丸山 千秋
(公益財団法人東京都医学総合研究所)
吉村 由美子
(自然科学研究機構 生理学研究所)
Heiko Luhmann
(University Medical Center Mainz, Germany)
城所 博之
(名古屋大学大学院医学系研究科)
多賀 厳太郎
(東京大学大学院教育学研究科)
————-

詳細はこちらをご覧ください。

日本小児神経学会学術集会にて研究成果を報告

2022年6月2日(木)-5日(日)にハイブリッド(高崎+配信)にて開催される第64回日本小児神経学会学術集会にて、以下の発表をいたします。

————–
Sleep-state-dependent functional connectivity networks in preterm infants at term.

Anna Shiraki1, Hiroyuki Kidokoro1, Hama Watanabe2, Gentaro Taga2, et al.
1 Department of Pediatrics, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan
2 Graduate School of Education, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
————–

Pediatric Academic Societies (PAS) meeting 2022にて研究成果を報告

2022年4月21日(木)-25日(月)に対面(米国、デンバー)とオンデマンドにて開催されるPediatric Academic Societies (PAS) meeting 2022にて、以下の発表をいたします。

————–
Sleep-state-dependent and region-specific development of functional connectivity in preterm infants.

Anna Shiraki1, Hiroyuki Kidokoro1, Hama Watanabe2, Gentaro Taga2, et al.
1 Department of Pediatrics, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan
2 Graduate School of Education, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
————–

13th International Newborn Brain Conference (INBBC)にて研究成果を報告

2022年2月10日(木)-12日(土)にオンライン開催される13th International Newborn Brain Conference (INBBC) にて、以下の発表をいたします。

————–
Development of sleep-state-dependent functional connectivity in preterm infants.

Anna Shiraki1, Hiroyuki Kidokoro1, Hama Watanabe2, Gentaro Taga2, et al.
1 Department of Pediatrics, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan
2 Graduate School of Education, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
————–

日本光脳機能イメージング学会 第23回オンライン学術集会にて研究成果を報告

2021年7月17日(土)にオンライン開催される日本光脳機能イメージング学会 第23回オンライン学術集会にて、以下のポスター発表をいたします。

—————
EEG-fNIRS縦断計測による早産児の脳発達

白木杏奈1、城所博之1、渡辺はま2、多賀厳太郎2、光松孝真1、隈井すみれ1、鈴井良輔1、澤村文1、
川口将宏1、鈴木健史1、牧祐輝1、山本啓之1、中田智彦1、佐藤義朗3、早川昌弘3、夏目淳1, 4
1名古屋大学大学院医学系研究科小児科
2東京大学大学院教育学研究科
3名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児部門
4名古屋大学大学院医学系研究科障害児(者)医療学寄附講座
—————

The virtual 2021 OHBM Annual Meeting にて研究成果を報告

2021年6月21日(月)-25日(金)にオンライン開催されるThe Organization for Human Brain Mapping (OHBM) の学術会議The virtual 2021 OHBM Annual Meetingにて、以下のポスター発表をいたします。

————–
#2691
Nonlinear characteristics and spatial localizations of corpus callosum development in human infants.
Daisuke Tsuzuki1 , Gentaro Taga2 , Hama Watanabe2 , Fumitaka Homae1
1Department of Language Sciences, Tokyo Metropolitan University, Tokyo, Japan, 2 Graduate School of Education, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
————–

日本赤ちゃん学会第21回学術集会にて研究成果を報告

2021年6月12日(土)-13日(日)にオンライン開催される日本赤ちゃん学会第21回学術集会にて、以下のポスター発表をいたします。

—————-
2021年6月12日(土) 12:10 〜 13:40

[P1-10] cine MRIを用いた胎児自発運動計測
*儀間 裕貴1、續木 大介2,3、保前 文高2、渡辺 はま3、多賀 厳太郎3 他 (1. 東京都立大学人間健康科学研究科、2. 東京都立大学人文科学研究科、3. 東京大学大学院教育学研究科)

[P1-14] 胎動の cine MRI 計測に混入する子宮運動の評価と補正技術の開発
*續木 大介1,2、儀間 裕貴3、保前 文高1、渡辺 はま2、多賀 厳太郎2 他 (1. 東京都立大学 人文科学研究科、2. 東京大学大学院 教育学研究科、3. 東京都立大学 人間健康科学研究科)

2021年6月13日(日) 12:10 〜 13:40

[P2-17] 自発的行動の自己制御モデル ―行為主体の発達機構の解明にむけて―
*藤平 遼1、多賀 厳太郎1 (1. 東京大学大学院教育学研究科)

[P2-23] 乳児における睡眠紡錘波とヘモダイナミクスの連関
*多賀 厳太郎1、渡辺 はま1 (1. 東京大学 大学院教育学研究科)
—————-

日本生理心理学会大会のシンポジウム

2021年5月22日(土)に、第39回 日本生理心理学会大会(オンライン開催)にて、以下のシンポジウムがあります。

————-
5月22日(土)10:00-12:00
シンポジウムI
「胎児期・新生児期 ・乳児期の生体情報 から紐解くヒトの初期発達」

企画・司会
渡辺 はま(東京大学)

話題提供
續木 大介(東京都立大学) ヒト脳を対象としたデータ解析における時空間の切り取り方再考
佐治 量哉(玉川大学) 乳児の睡眠を測る2つの視点~「動きながら眠る」ことが示唆すること~
新屋 裕太(東京大学) 乳児の「泣き」における自律神経機能の役割
————-

詳細はこちらをご覧ください。