発達基礎科学セミナーが開催

2024年7月30日(火)に東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター主催の第12回発達基礎科学セミナーが開催されます。詳細はこちらをご覧ください。

———–
The role of early sensorimotor experiences in the motor and cognitive development of children: Biological factors and environmental affordances.(子どもの運動と認知の発達における早期感覚運動経験の役割:生物学的要因と環境アフォーダンス)

Prof. Iryna Babik(ボイシ州立大学 心理学部 助教授)

日時:2024年7月30日 (火) 14:00〜15:00
場所:オンライン
(講演は英語、進行・討論は英語・日本語混合で行われます。講演の通訳はありませんのでご注意ください。)
———–

ICIS 2024にて研究成果を報告

2024年7月8日(月)-11日(木)にGLASGOW, SCOTLANDにて開催されるXXIV ICIS (The International Congress of Infant Studies) 2024 Congressにて、以下のポスター発表をおこないます。詳細はこちらをご覧ください。

————–
Limb Movements and Vocalizations to Music during Crying in Infants at Three- to Four-month-old Age

Kenta Ueda1, Yuta Shinya2, Sotaro Kondoh1, Hirotaka Gima3, Taiji Ueno4, Hama Watanabe2, Gentaro Taga2, Shinya Fujii1

(1) Keio University
(2) The University of Tokyo
(3) Tokyo Metropolitan University
(4) Tokyo Women’s Christian University
————–

Lund Glymphatic Symposiumにて研究成果を報告

2024年6月17日(月)-20日(木)にスウェーデン、ルンドにて開催されたLund Glymphatic symposiumにて、以下のポスター発表をおこないました。詳細はこちらをご覧ください。

————–
Hemo-metabolic-glymphatic dynamics of the cortex measured with functional near-infrared spectroscopy

Gentaro Taga and Hama Watanabe
Graduate School of Education, The University of Tokyo, Japan
————–

第66回日本小児神経学会学術集会にて講演

2024年5月30日 (木)ー6月1日(土)に、名古屋国際会議場において開催される第66回日本小児神経学会学術集会にて、以下のシンポジウムに登壇します。詳細はこちらをご覧ください。

—————-
日時:2024年5月30日(木)14:50 ~ 16:20
場所:名古屋国際会議場 1号館 2F センチュリーホール

シンポジウムI
胎児期の脳ができる仕組み: サブプレートニューロンの役割

演者:
白木 杏奈
多賀 厳太郎
丸山 千秋
吉村 由美子

座長:
城所 博之
丸山 千秋
—————-

Pediatric Academic Societies (PAS) meeting 2024にて研究成果を報告

2024年5月2日(木)-5月6日(月)にToronto(カナダ)にて開催されるPediatric Academic Societies (PAS) meeting 2024にて、以下の発表をいたします。詳細はこちらをご覧ください。

————–
Development of Brain Functional Connectivity across Sleep States in Preterm Infants

Anna Shiraki1, Hiroyuki Kidokoro1, Hama Watanabe2, Gentaro Taga2, et al.
1 Department of Pediatrics, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan
2 Graduate School of Education, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
————–

日本光脳機能イメージング学会にて研究成果を発表

2024年3月2日 (土)に、東京(星稜会館、千代田区)において開催される第25回 日本光脳機能イメージング学会 学術大会にて、以下のポスター発表をおこないます。詳細はこちらをご覧ください。

————-
発達脳における機能的な「距離」に関する検討
保前文高1,2・渡辺はま3・多賀厳太郎3

1 東京都立大学人文社会学部
2 東京都立大学言語の脳遺伝学リサーチコア
3 東京大学大学院教育学研究科
————-

15th International Newborn Brain Conference (INBBC 2024)にて研究成果を報告

2024年2月28日(水)-3月2日(土)にCork, Irelandにて開催される15th International Newborn Brain Conference (INBBC 2024)にて、以下の発表をいたします。

————–
Hemodynamic response associated with spontaneous neural activity in early developing brain.

Anna Shiraki1,2, Hiroyuki Kidokoro1, Hama Watanabe3, Gentaro Taga3, et al.
1 Department of Pediatrics, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan
2 Department of Pediatrics, Nagoya Memorial Hospital, Nagoya, Japan
3.Graduate School of Education, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
————–

生理研研究会:胎児脳発達研究会2024にて講演

2024年2月16日 (金)ー2月17日(土)に、自然科学研究機構 生理学研究所において開催される胎児脳発達研究の異分野融合に関する研究会 『神経活動パターンと遺伝子発現から紐解く脳・神経回路発達メカニズムの解明 』にて、以下の講演をおこないます。詳細はこちらをご覧ください。

—————-
日時:2024年2月16日(金)- 2月17日(土)
場所:自然科学研究機構 生理学研究所(明大寺地区)1階大会議室

「胎児の運動から探る直立二足歩行の進化と発達」
多賀 厳太郎(東京大学大学院教育学研究科)
—————-

カテゴリー: talk