「発達と保育の本質の探究」に関するシンポジウムのご案内

2019年8月3日(日)に、東京大学本郷キャンパスの安田講堂にて公開シンポジウム「発達と保育の本質の探究~人の育ちとそれを支える営みを見つめて~」が開催されます。東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター主催です。

詳細はこちらをご覧ください。

※ご参加は事前申し込み制です。上記ページをご覧ください。

日本光脳機能イメージング学会 第22回学術集会にて研究成果を報告

2019年7月20日(土)に星陵会館(東京都千代田区永田町)で開催される日本光脳機能イメージング学会 第22回学術集会にて、以下のポスター発表をいたします。

—————-
P1-2
神経血管グリア系の動力学モデルにおける自発活動の生成
多賀厳太郎
—————-

2019年度 第3回 都医学研都民講座にて講演

2019年7月14日(日)に、調布市グリーンホール 大ホール(京王線調布駅徒歩3分)にて開催される2019年度 第3回 都医学研都民講座「赤ちゃんの脳をすくすく育てる」にて、ヒトの乳児の発達に関する以下の講演をおこないます。

——–
赤ちゃんと脳 〜発達脳科学から知の起源を探る〜
東京大学大学院教育学研究科 教授 多賀 厳太郎

赤ちゃんの脳の構造やネットワークが発達していく様子を、「目で見る」技術が発展してきました。生まれる前から、発達中の脳は自発的に活動して、運動や睡眠のような行動を作り出します。これらは、認知や言語の発達の基礎となっています。私たちの脳が、どのような仕組みで、周りの環境との「共生」を実現するのか、どのような環境要因が発達に影響しうるのか、考えてみたいと思います。
——–

詳細はこちらをご覧ください。なお、事前申し込み制(先着)です。

カテゴリー: talk

東京大学「知の創造的摩擦プロジェクト」第15回講演会にて講演

2019年7月13日(土)に、東京大学駒場キャンパスにて開催される東京大学「知の創造的摩擦プロジェクト」第15回講演会にて、ヒトの乳児の発達に関する講演をおこないます。

注)【対象】東京大学学部生・大学院生(申し込み制)

詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー: talk

日本赤ちゃん学会第19回学術集会にて研究成果を報告

2019年7月6日(土)から7日(日)に聖心女子大学にて開催される日本赤ちゃん学会第19回学術集会にて、以下のポスター発表をいたします。

—————-
7月6日(土)
ポスターID 25
fNIRSを用いた脳腸相関の検討
多賀厳太郎・渡辺はま
—————-

—————-
7月7日(日)
ポスターID 41
乳児の音遊び行動と心拍変動:自発的な四肢運動の聴覚フィードバックによる検討
新屋裕太・奥絢介・藤井進也・多賀厳太郎・渡辺はま

ポスターID 46
乳児における臥位から座位への起き上がり動作分析(第2報)
中野尚子・藤澤祐基・渡辺はま・多賀厳太郎
—————-

2019 OHBMにて脳の構造発達に関する研究成果を報告

2019年6月9日(日)-13日(木)にローマにて開催されるThe Organization for Human Brain Mapping (OHBM)にて、以下のポスター発表をいたします。

Fumitaka Homae, Daisuke Tsuzuki, Hama Watanabe, Gengaro Taga
Development of the white matter under the middle temporal gyrus in the individual infant brain.

Daisuke Tsuzuki, Gentaro Taga, Hama Watanabe, Fumitaka Homae
Longitudinal myelination profiles in infant and toddler brains.

the 20th Annual Meeting of Infantile Seizure Societyにて講演

2019年5月31日(金)−6月1日(土)に、名古屋国際会議場にて開催されるthe 20th Annual Meeting of Infantile Seizure Society (Child Neuro 2019)にて、ヒトの乳児の発達に関する講演をおこないます(講演は5月31日(金)の午前中)。

——–
Keynote Lecture (L-02)
fNIRS-EEG measurement of the cortex in sleeping infants
Gentaro Taga (The University of Tokyo)
——–

詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー: talk